完全無料、P2P型テレビ会議/Web会議システム SOBA CITY

 
SOBA CITY SOBA CITYトップページ

ユーザ会員の方はこちらからログインしてください。
>>ログイン


How to

 

会議の録画・録音方法

SOBA CITYには会議の録画・録音ツールは付属しておりませんが、以下のような方法で実際に録画・録音が可能です。
なお、有償版のSOBA mierukaには標準でセッション録画機能が付属しています。録音録画のために複雑な機器や構成をご用意できない場合は是非ご検討ください。

準備するもの

  • マイク入力をループバックに流すことの出来るサウンドカード ※1
  • ラインケーブル ※2
  • 動画・音声キャプチャソフト

※1 内蔵のサウンドカードとは別にご用意ください。

※2 サウンドカードのジャック形状に合ったものをご用意ください。



構成例

今回動作確認に使用したのはローランド社製「EDIROL UA-3FX」です。

また、可搬性の観点から今回の例ではUSBタイプのオーディオインターフェースを例にとっていますが、同等の機能を有するサウンドカード/オーディオインターフェースであれば内蔵型でも問題ありません。

まずはUA-3FXを使ってSOBA CITYを利用できるように設定します。

UA-3FXのドライバをインストールし正しくPCに接続し終わったら、ヘッドセットをUA-3FXに接続してマイクの音量を適切に設定します。
このとき自分のしゃべった音声がヘッドセットから聞こえてくることを確認しておいてください。

次に実際にセッションでUA-3FXを使って音声をやりとりできるように設定します。
一度セッションを作成し、SOBA設定ツールを起動して下図を参考にしながらSOBA CITYで使用するスピーカとマイクのデバイスをUA-3FXに設定してください。

音声デバイスの詳しい設定方法はヘッドセットの設定方法をご参照ください。

下図のようにUA-3FXを使って問題なくセッションで会議を行うことが出来ていますか?
ここでうまく会議が出来ない限り、録画・録音もうまくいきません。

うまくいかない場合はもう一度はじめに戻り、設定をひとつひとつ確認してください。

次に、録音の準備をします。
UA-3FXでやり取りしているセッションの音声をまとめて内蔵のサウンドカードで録音するために、UA-3FXのLINE OUTとPCのLINE IN(またはMIC IN。任意)をラインケーブルでつなぎます。

今回の構成例では、RCAジャックx2(赤白)・ステレオミニジャックx1のラインケーブルを使用します。

録音・録画の準備が整いました。
動画・音声キャプチャソフトを使い会議を録画します。

キャプチャソフトは任意のもので構いませんが、ここではryou[] Soft LibraryさまのDxCaptureというキャプチャソフトを使った方法を解説します。

DxCapture Ver1.70のページ下部からDxCaptureをダウンロードし、任意の場所に展開してください。
展開できたらDxCaptureのアイコンをダブルクリックしてキャプチャソフトを起動してください。

起動されたDxCaptureはWindowsのタスクトレイに常駐します。
下図のようにDxCaptureのアイコンを右クリックし、「設定」を選択してください。

まずは録画の設定をします。

  1. 録画したデータの保存先をデスクトップなどの分かりやすい場所に変更します。
  2. キャプチャする対象を「デスクトップ」に設定します。
  3. 録画しているPCのマウスカーソルもキャプチャ対象に入れます。
  4. <無圧縮>はもっとも高画質で高フレームレートな動画を撮影できますが、ディスク容量を著しく消費するため、ここではコーデックを Microsoft Video 1 などに設定します。

※ コーデックは運用形態に合わせて任意にご選択ください。


次に録音の設定をします。

  1. 録音デバイスは内蔵サウンドカードを選択します。
  2. 対象は実際にラインケーブルを接続したジャックです。
  3. コーデックは MPEG Layer-3 (MP3) が無難です。
  4. 「OK」を押すとDxCaptureの基本的な設定は完了です。

※ コーデックは運用形態に合わせて任意にご選択ください。


録画・録音の準備は整いました。
任意のタイミングで録画を開始してください。

会議が終わったら「録画停止」を選択してください。
指定した場所に動画ファイルが作成されていることを確認してください。

会議室の録画例